SQUEEZOO
火〜金9:00~21:00 / 土日9:00~19:00
月・祝日定休日

半年で10キロ痩せた話

カテゴリーブログ
タグkaatsu trainingダイエットパーソナルトレーニング加圧トレーニング運動銀座
この投稿をシェア twitter facebook line

昨年修士論文を書くにあたって、時間の捻出を考えた時にどうしても昼間のパフォーマンスが悪いことに気がつきました。体質的にランチを食べるとどうしても眠気が‥‥。眠くなるとそれに抗うこともなく、昼寝をする生活をしていたのですが、秋になり論文提出までいよいよ時間がなくなって焦ってきました。とりあえず昼のランチを抜くというのも考えたのですが、流石にそれでは身体が持たないということで、プロテインバーを食べたり、プロテインは飲むというスタンスに変えたところ、眠気は大幅になくなりました。数ヶ月が経ち論文も提出後、ふと体重計に乗ってみると驚きのことが。一時期88kgくらいあった体重が83kgくらいまで落ちていました。これは運動量が増えたとかではなく、単純に昼の食事をプロテインに置き換えた結果です。修士課程に通っている間の2年間は勉強に時間を取られていたため、集中してトレーニングをする時間が大幅に減っていました。つまり、体重を減らすには運動をするより、先ずは食生活の見直しをしろということです。ちなみに朝ごはんも夜ご飯も食べていましたし、特に何を食べるというのは決めていませんでした。私の場合、この春には最終的に78kgくらいまで体重が落ちて、今は昼も食べますが、体重は割と維持できています。これ以上落とそうと思うともう少し厳格に食事の管理は必要なのかもしれませんが、これくらいのレベルでも体重を落とすことは無理なく可能です。ダイエットをしないダイエットが1番楽だと思います。現在は、筋トレの回数と密度、有酸素系のワークアウトはほぼ毎日やっているため、この頃とは明らかに違いますが、体重を落とすことはそれほど難しいことではなく、少しの工夫で落とすことは可能だということを理解していただければと思います。