大学院入学式

とうとうこの日が来ました。昨年9月に思い付きで大学院に進学したいと思い、受けられる大学院を探し3日で書類を発送し、11月の初旬に受験、11月下旬に合格発表。

もう何年も前から進学したいとは思っていたんですが、思いの外スタジオ運営が上手く行っていたため、正直学校に通う時間を捻出するのはほぼ不可能な状態でした。

しかし、新型コロナウィルス感染症の流行により昨年春に発令された緊急事態宣言でフィットネス業界にも営業自粛の波はやってきました。仕事がゼロになることは無かったのですが、宣言解除後も以前ほどの状態には戻っておりません。

これは人によって考え方はあるかと思いますが、私の場合、前のように新規のお客さんをバンバン入れてーという気持ちには現時点でもなってはいません。幸いスタッフもいないため、自分が生活していく分だけ稼ぐことが出来ればいいのかなと思っています。

仕事量が前よりない事で、この空き時間をどうするか?ということをより一層考えるようになりました。色々と考えた結果、スタジオの設備を充実させたりしてみたのですが、それにも限界があり、結果、ずっと切望していた大学院を受験することに。最初は落ちてもいい、落ちたらキチンと対策して来年だくらいの気持ちでした。

どこまで強運なのかわかりませんが、全く準備もせず、あっさりと合格してしまったので、しばらく実感もありませんでした。し・か・し、年明けから、これはとんでもないことじゃないのか?果たしてやれるのかな?という気持ちに。

晴れて本日入学式を迎えに、本当の本当に実感が湧いてきました。スケジュールを変更していただいたり、色々とご理解いただいております会員の皆様には感謝しかありません。今後もご迷惑をおかけしますが、通っていて良かったと思っていただけるレベルのものは今まで以上に提供出来るかと思いますのでご期待ください!

慶應義塾大学大学院 健康マネジメント研究科 公衆衛生・スポーツ健康科学専攻所属になります。専攻する内容は主に公衆衛生学や、医療経済学が中心となる予定です。来週からの授業が楽しみです。

前の記事

抗体検査